【離乳食後期】ズッキーニとひき肉のはさみ焼き

YURIthさんのレシピ
【離乳食後期】ズッキーニとひき肉のはさみ焼き

2

材料(2〜3人分)

ズッキーニ 1/2本
ひき肉 40g
玉ねぎ 10g
片栗粉 適量
サラダ油 適量
少々
適量
みりん 小さじ1/2
しょうゆ 小さじ1/2

作り方

  1. ズッキーニはヘタとお尻の部分を切り落としてから、薄めの輪切りにし、両面に片栗粉をまぶす。
  2. 玉ねぎをみじん切りにしてボウルに入れ、ひき肉、塩少々と一緒に混ぜる。粘り気が出るまで。
  3. 1のズッキーニに2のタネを挟む。軽く押してなじませる。
  4. フライパンにサラダ油をひいて熱し、両面に焼き色がつくまでじっくり焼く。
  5. 水を入れて蓋をし、弱火で蒸し焼きにする。(赤ちゃんの発達状況に応じて加熱時間を調節してください)
  6. ほどよいやわらかさになったら、みりんとしょうゆを入れる。上下を返しながら全体に味をつけて出来上がり。

YURIthさんのコメント

やわらかいので手づかみ食べの練習にも。ビタミンCたっぷりのおかずです。重ねてミルフィーユにしても面白いですよ。

プロフィール

離乳食は「楽しく! 美味しく! コスパ良く! 」をモットーに、たまに手を抜きながらマイペースに頑張る母ちゃんです。

YURIthさん (@YURIth0625)

ご利用になる前に

  • 赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。
  • 食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

主菜カテゴリの新着レシピ

成長期は体をつくるたんぱく質の補給が大切。肉や魚、大豆・大豆加工品などたんぱく質が豊富な食材を上手に食事に取り入れていきましょう。ただし赤ちゃんはまだまだ消化器官が未熟。刺激物を避け、味はだしを上手に利用して薄味に仕上げるように気をつけましょう。

手づかみ食べカテゴリの新着レシピ

9カ月ごろになると、手指の動きが発達し、食べ物を手でつかんで口まで持っていけるようになります。食べる意欲をアップさせたり、目で見たものを手で取って口へ運ぶという「目と手と口の協調運動」を促すことにつながります。積極的に手づかみ食べメニューを取り入れましょう。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。