ベビカレ特集 - 「赤ちゃんを産みたい」と思える情報を届けたい。 -

update 2021.4.1

妊娠、出産、子育て……ママたちを取り巻く現状やさまざまな課題を伝えることで、女性や子育て世代への理解、やさしさに繋げていきたい。 「赤ちゃんを産みたい」と思える情報を届けるため、ベビーカレンダー編集部特集班が総力取材。

編集長の想い 二階堂美和

子どもを産むか産まないか。
人生の決断はその人自身の手の中にあり、いずれの選択も尊重されるべきものです。けれど「産みたいときに産めるのか?」と尋ねられたとき、単純にYESと言えない現実があります。

続きを読む

仕事は? キャリア形成は? 子育てにかかるお金は大丈夫? そもそも結婚する? 未婚で産む選択肢はアリ?
女性の社会進出が進む現代では、そうやって揺れ動いているうちに、女性の妊娠適齢期とされる時期は刻々と過ぎていきます。

私はずっと子どもが欲しいと思いながらも、30代を仕事に費やし40歳で離婚。45歳で再婚して、子どもを持たない人生がいよいよ現実的になったとき、残り少ない可能性にかけて不妊治療に挑みました。
結果、願いは叶わず……。今になって「あのとき、もう少し生活を優先するべきだった」「あのときの私に、もう少し妊娠についての知識ばあれば」「もっと早く治療を始めていれば」と、さまざまな後悔が頭をよぎります。

産む産まないの選択はもちろん自由です。でも、「今はまだ……」と思っていても、未来の自分は子どもが欲しいと願うかもしれない。卵子が日々老化することなど、妊娠についての知識が広まれば、女性が「未来のために今できること」を選択しながらライフプランを考えられるのかもしれない―そう思うのです。

私のように後悔する人が少しでも減ってほしい。赤ちゃんを産むっていいな、子どもがいる毎日っていいな、と思えるような世の中になってほしい。そんな気持ちを込めて、私自身の振り返りも含めながら、ベビーカレンダーでは、「子どものいる生き方」や「不妊治療」など子育て世帯にまつわる問題を取り上げていきます。

ベビーカレンダー編集長
二階堂美和

特集一覧

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。