5~6カ月ごろの離乳食の不安Q&A

初めての離乳食は、戸惑うことがいっぱい。離乳食の進め方など、ママの疑問をすっきり解決しましょう。

Q あっという間に食べ終えてしまい、もっともっとと欲しがります

A 1口あげたら、少し間をあけてみましょう

よく食べるからといって、次々にあげていませんか。1口あげたら「おいしいね」「どんな味がするかな?」と話しかけるなどして、次の1口まで時間をおいてみてください。1口1口に時間をかけて、食事時間が楽しめるような工夫ができるとよいですね。

Q 舌でスプーンをべぇーっと出してしまいます

A 押し出しの反射かも。慣れさせてあげて

生まれつきの反応に「舌突出反射」というものがあります。これは、固形物を口に入れると反射的に押し出してしまうもの。離乳食をはじめる前の生後4か月ごろには自然に消滅することが多いのですが、赤ちゃんによっては残っていることも。ほどなく消える反射なので、しばらく日をおいてから、離乳食を開始します。

Q やわらかくすりつぶしているのに食べてくれません

A つぶつぶ感が残っているのかも

離乳食がとろとろになっているかを、見直してみましょう。赤ちゃんの口はとっても繊細。初期は少しのつぶつぶ
が気になり、食べないこともあります。裏ごしを丁寧にすることで、とろとろになりますよ。加減が分かりにくけれ
ば、市販のベビーフードを味見して食感を確かめてみるのがおすすめです。

Q 離乳食をはじめたら、うんちがやわらかくなった気が……。 お腹を壊した?

A 機嫌がよく、食欲もあればOK

離乳食をはじめるとうんちがやわらかくなることは、多くの赤ちゃんにみられます。母乳やミルクしか口にしてこなかったのに、離乳食を食べるようになり、腸内環境が変わってくるからです。慣れてくると、普通のうんちに戻ることがほとんどです。ただし機嫌が悪かったり、水っぽいうんちをくり返すならば、医師の診察を受けてください。

Q 日によって食べたり食べなかったりします

A 授乳の時間も含めて、安定した生活リズムを心がけましょう

授乳時間を含めた生活リズムが安定していないと、赤ちゃんは食べたり食べなかったりするもの。おふろの時間が違ったりしても、変化に対応できません。授乳時間が3〜4 時間間隔になっていることも大切です。まず、授乳時間を安定させて、1日1回の離乳食 を定着させていきましょう。

Q 初めての離乳食で、きちんと食べさせられているのか不安です

A 離乳食はまだ味慣らし、舌慣らしと考えて

この時期の離乳食は、栄養素や品数の多さより、赤ちゃんが実際に食べているかどうかが大切です。いやがらずに口を開ける なら大丈夫。今は「どんなふうに食べるかな?」と、大人も楽しむ気持ちでいることがいちばん。栄養バランスは、3回食になったころから気をつけていきましょう。

Q 3カ月ですが体が大きめ。早めに離乳食をはじめてもいいですか

A 消化能力が未熟なうちにははじめないで

体が大きな赤ちゃんでも、首のすわりや口もとの発達、体全体がしっかりしているかを見て判断します。消化吸収力が未熟なうちに離乳食をはじめても意味がありません。

Q 昼間は忙しくて離乳食を作る時間がありません。夜あげてもいい?

A なるべく遅い時間は避けて夕方までに食べさせて

離乳食の時間帯は、基本的には授乳時間の1回に決めます。しかし、あまりに遅い時間帯では、夜型の生活リズムになり、消化機能も低下します。せめて夕方までに食べさせましょう。時間があるときにまとめて作ってフリージングしたものや、ベビーフードを利用してもかまいません。

Q 肌が弱く、アレルギーが心配。母乳や卵を食べさせていいのか迷います

A 両親に食物アレルギーがないなら普通に進めましょう

赤ちゃんの肌はみんな弱いので、まずはスキンケアをこまめに。皮膚トラプルと食物アレルギーは別問題ですから、両親に食物アレルギーがなければ、ふつうに進めていいでしょう。たんぱく質素材は、アレルゲンの少ない豆腐や白身魚から始めて、加熱したものを少しずつ与えていきましょう

*アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導に従ってください

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。