【離乳食】さつまいもと玉ねぎのクリーム煮

【離乳食】さつまいもと玉ねぎのクリーム煮

12

材料(2回分)

さつまいも 30g
たまねぎ(レンジで柔らかくしておいたもの) 20g
ほうれんそう(ゆで) 20g
オリーブオイル 小さじ1
小麦粉 小さじ1
60ml
育児用粉ミルク(規定量で溶かしたもの)または牛乳 30ml
ごく少量(3本指でひとつまみ)

作り方

  1. さつまいもは厚く皮をむいて7mm角のさいの目切りする。水にさらして15分あく抜きしておく
  2. たまねぎはラップで包み、5mm のさいの⽬に切った後、電⼦レンジ500w で40秒〜柔らかくし、粗熱を取る
  3. ほうれん草は柔らかく茹でて、みじん切りにしておく。
  4. 冷たい小鍋にオリーブオイルを入れて、2のたまねぎを加える。弱火にかけて油がなじんだら小麦粉を振り入れてよく混ぜる。
  5. 4に水を加えて小麦粉を溶かすようによく混ぜていく。
  6. 小麦粉が溶けたら育児用粉ミルクまたは牛乳と水気を切った1のさつまいもを加えて蓋をし、柔らかくなるまで5分くらい煮る。
  7. 6のさつまいもが柔らかく煮えたら火を止め、器に盛り付ける。3のほうれん草を飾って出来上がり。
栄養士ポイント! 10カ月~12カ月用の離乳食です。 さつまいもは水分が多いメニューのほうが食べやすく飲み込めます。 育児用粉ミルクがあれば栄養強化になります。

NPO法人母子栄養懇話会さんのコメント

さつまいものやさしい甘みと、とろみのあるクリームは相性の良い組み合わせです。

NPO法人母子栄養懇話会

ご利用になる前に

  • 赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。
  • 食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

後期(9〜11カ月ごろ)カテゴリの新着レシピ

徐々に離乳食メインになってくる時期。かたさの目安はバナナの固さで指でつぶせるものを少しずつ増やしていきましょう。少量の油やバターを使い、炒める、焼くといった調理もOK。この時期は手づかみ食べや遊び食べするようになりますので、汚れてもいいよう工夫にしながら、見守りましょう。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。