【離乳食完了期】納豆と野菜のおやき

【離乳食完了期】納豆と野菜のおやき

41

材料(スティック状で6本分)

人参 8g
ほうれん草(葉の部分を4枚ほど) 10g
ひきわり納豆 15g(大さじ1)
しょうゆ 2g(小さじ1/3)
小麦粉 20g
30g(大さじ2)
ごま油 2g(小さじ1)

作り方

  1. 人参は皮をむき、1㎝角の大きさに切る。ラップをして柔らかくなるまでレンジで加熱する。
  2. ①が柔らかくなったら、さらに包丁で粗いみじん切りに刻む。
  3. 鍋にお湯を用意し、ほうれん草の葉を茹でる。茹であがったら包丁で刻む。
  4. ②、③と納豆、しょうゆ、小麦粉、水をすべて混ぜ合わせる。
  5. フライパンにごま油を敷き、④を丸く流し入れて両面を焼く。
  6. ⑤をスティック状に切って出来上がり。
9か月頃から摂っていきたい鉄分や、便秘予防となる食物繊維が納豆には含まれています。
ネバネバ納豆もおやきにすると食べやすくなり、手づかみ食べが出来ることで、指の発達や一口の量を学ぶことに繋がります。

NPO法人母子栄養懇話会さんのコメント

手づかみ食べが始まる時期にピッタリです! ネバネバ納豆を食べやすくしました。

NPO法人母子栄養懇話会

ご利用になる前に

  • 赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。
  • 食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

主食カテゴリの新着レシピ

主食の炭水化物は子どもにとって大切なエネルギー源。3食だけでなくおやつもご飯などの炭水化物を中心にするといいでしょう。この時期、穀類はほとんどOKですが、そばは激しいアレルギー反応を引き起こすことがあるので避けて。玄米やもち米使用の赤飯も消化が悪いのでなるべく与えないように。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。