【離乳食後期】焼き茄子の煮浸し

YURIthさんのレシピ
【離乳食後期】焼き茄子の煮浸し

13

材料(1人前)

茄子 1本
出汁(茄子がかぶる位の量) 適量
醤油(すぐに食べずしばらく浸す場合は少量で) 小さじ1/4
かつおぶし 適量

作り方

  1. 茄子は、身の縦方向に4本ほど切れ目を入れ、竹串などで数か所に穴をあけておく。
  2. 魚焼きグリルで全面が真っ黒くこげるまで焼く。
  3. 火傷に注意しながら、氷水に放ち、冷やす。
  4. 氷水の中から取り出して、皮をむき、食べやすい大きさにきる。
  5. 出汁と醤油を合わせたものの中に4を浸し、味を染み込ませて出来上がり。鰹節をふりかけてから食べると食欲増進に。

YURIthさんのコメント

もう一品欲しい時に、魚焼きグリルさえあればささっと出来る手軽な一品。トロトロと柔らかくて味わい深い一品です。

プロフィール

離乳食は「楽しく! 美味しく! コスパ良く! 」をモットーに、たまに手を抜きながらマイペースに頑張る母ちゃんです。

YURIthさん (@YURIth0625)

ご利用になる前に

  • 赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。
  • 食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

副菜カテゴリの新着レシピ

ビタミン・ミネラル補給のため、野菜を中心とした副菜も別に添えることで、献立で食べる練習にもなっていきます。この時期、まだ野菜は加熱するほうが安心。生野菜は18か月以降にしましょう。野菜たっぷりのスープなどは食べやすく、水分補給としてもおすすめです。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。