【離乳食後期】豆腐入り肉団子の野菜あんかけ

【離乳食後期】豆腐入り肉団子の野菜あんかけ

4

管理栄養士のレシピ解説

たんぱく質、ビタミンB1を摂取することができます♡

材料(3人前)

豚ひき肉(赤身) 50g
木綿豆腐(水切り後) 30g
片栗粉 4g(小さじ2)
白菜(葉の部分) 10g
人参 5g
だし汁 50g
砂糖 1g(小さじ1/3)
しょうゆ 2g(小さじ1/3)
片栗粉 1g(小さじ1/2)
5g(小さじ1)

作り方

  1. 木綿豆腐はキッチンペーパーで包み、重しをのせて水切りをしておく
  2. 豚ひき肉と①に、片栗粉を混ぜ合わせ肉団子を作る
  3. 鍋にお湯を沸かし、丸めた②を入れて茹で、脂抜きをする
  4. 白菜の葉の部分はみじん切りにする
  5. 人参は皮をむき、みじん切りにする
  6. 別の鍋にだし汁と④、⑤を入れ、野菜が柔らかくなるまで煮る
  7. ③の肉団子を⑥に入れ、少量の砂糖としょうゆで調味する
  8. 水溶き片栗粉を入れて、とろみをつける
  9. ひと煮立ちしたら、器に盛り付けて出来上がり

NPO法人母子栄養懇話会さんのコメント

豚ひき肉を使って肉団子にし、手づかみ食べができるようにしました。
旬の野菜を使った”あんかけのとろみ”で、ぼそぼそしやすいひき肉を食べやすくしています。
また、肉団子には豆腐も入っているため、ふわふわの食感に仕上がります。

NPO法人母子栄養懇話会

ご利用になる前に

  • 赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。
  • 食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

後期(9〜11カ月ごろ)カテゴリの新着レシピ

徐々に離乳食メインになってくる時期。かたさの目安はバナナの固さで指でつぶせるものを少しずつ増やしていきましょう。少量の油やバターを使い、炒める、焼くといった調理もOK。この時期は手づかみ食べや遊び食べするようになりますので、汚れてもいいよう工夫にしながら、見守りましょう。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。